新婚時代を通過してもハグやキスをする関係をキープ

仲の良い夫婦は本人たちもうれしいですが、夫婦円満の家庭は周囲にも幸せのおすそ分けをしてくれす。
海外ではスキンシップは夫婦の基本中の基本ですが、日本人は新婚時代であればともかく、それを過ぎればスキンシップから遠ざかりやすいです。
仲良し夫婦は新婚時代を通り過ぎても、相変わらずスキンシップを欠かさない夫婦が多いですし、朝晩のキスやハグを欠かさないなど、スキンシップを大切にしています。
新婚時代に始めた行ってらっしゃいのキスをしたり、就寝前にはおやすみなさいのキスをしたり、ギュッと軽く抱きしめたりすると、愛しているの感情が伝わりやすいです。
愛しているという言葉を伝えるのは恥ずかしくでも、ハグをしたりキスをする行動なら、恥ずかしがりやな日本人にも挑戦はしやすくなります。
夫婦で心から会話を楽しむことも大切であり、1日の終わりにはその日はどんな日だったか、些細な質問から会話を広めるのも良い方法です。
質問から会話は広がりますので、話しているうちに夫婦には笑顔がこぼれています。